TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

鏡花水月 吉水 快聞展 & 髙島屋美術部創設110年記念 八代 清水 六兵衞展 好評開催中!

2018.10.10
みなさまこんにちは! にこ☆ぷちデラックスです。
やっと秋らしい気候になってまいりましたね♪

早速、今週の画廊催しをご紹介いたしますよ~!

東画廊では、

鏡花水月

吉水 快聞 展<彫刻>

■会期:10月10日(水)→16日(火) ※最終日は午後4時閉場
■会場:6階 美術東画廊

現代彫刻作家として、また、浄土宗の僧侶としての顔を持つ異色の作家として
全国の彫刻ファンから注目を集めておられる吉水先生の髙島屋で2回目の個展開催です。
今展は「鏡花水月」と題し、目に見える写実的な描写に留まることなく、
はかない自然そのものの「存在」を
「情景」として美しく表現された作品を一堂に展観しております♪

<会場風景>






ご実家が奈良の寺院だったこともあり、
先生は阿弥陀如来立像の原型といわれる「快慶」から
大きな影響を受けられたそうです。

大学院では「文化財保存学保存修復彫刻」を専攻されていた先生、
その時に彩色や漆、截金の技法を学ばれたとのことで、
それらの技法を施され、より魅力的になった作品に心奪われてしまいます・・・。
細く切られた金箔で描く截金の文様はとても繊細な仕上がりで
その卓越した技術に感嘆していると、
「技に溺れてはいけないんです。」と、謙虚に仰る先生でした。



「白象」截金部分アップ




「白猫」
猫好きな方に(ワタクシも含めて)是非ご覧いただきたい作品がこちら。
ご自身もどちらかといえば「猫派」と仰る先生♪
ちょっと首を傾げているポーズはリアルな存在感があります。




「蜘蛛の糸」

こちらの蜘蛛の部分は、胴体から脚の先まで一木で彫り上げられた作品です。
蜘蛛が左端にいるてんとう虫を狙っている、少し緊張感のある作品。
蜘蛛の巣の糸は銀の截金細工で表現され、光が当たるとくっきり浮かび上がります。

部分アップ





「揺籠」



「桜雨」




「伝々虫~アスパラの塔~」



作品からは先生の生き物に対する、愛おしいまなざしを感じます。
細やかな部分まで丁寧に手をかけて仕上げられた作品を会場で是非ごらんください!



続きまして、西画廊では


髙島屋美術部創設110年記念

八代 清水 六兵衞展<陶芸>

■会期:10月10日(水)→16日(火) ※最終日は午後4時閉場
■会場:美術西画廊










まず、清水先生の経歴をご紹介いたします♪

1954年、清水焼の名家 清水家の長男として京都に生まれ、
1979年に早稲田大学理工学部建築学科を卒業後、京都府陶工訓練校、京都市工業試験場で本格的に陶芸を学ばれ、
2000年に 八代 清水六兵衞を襲名されました。

先生はタタラ技法を用いた幾何学的な造形の作品制作に長年取り組んでおられます。

今展は、「三宝(三方)※」の形にヒントを得られた二つの造形要素を組み合わせた形、
先生いわく
支えるものと支えられるもの、二つの要素の接し方と関わり方
をテーマに追求された作品を展観いたします!

※三宝、三方・・・折敷と呼ばれるお盆の下に胴がついた形をしており、お供え物を載せる台のこと
四角い胴の四方向の部分の三方にだけ飾り穴が開いている。


「黒泑陶姿 C」
二つの異なる形で構成されています。
学生時代に建築を学んでおられた先生、
作品のイメージスケッチ以外に、図面を引かれることもあるそうです。



「Wall Impression 5」

今展初めて発表される壁面作品。
こちらも、二つの形の重なりで構成されています。
面白い仕上がりになったので、今後も展開していきたい作品です、と先生。



「輝白陶姿B」
オパールラスター釉の作品。




「赤容陶姿 W」
鉄赤釉を用いた作品。
タタラ技法による、土の自然なたわみにも着目していただきたい、と先生。



「黒泑陶姿 C」




「泑変ぐい呑」各種

作品の中で一番苦心されたのが実はこのぐい呑とのこと。
鉄とマンガンの結晶釉だそうですが、他の作品よりも高温で焼成することと、
結晶を出すのが難しかった・・・と、お話くださいました。

今回は作品の内側に空間を作られたので、オブジェとして楽しむこともでき、
花器としても楽しんで頂ける作品になっております。
ぜひ、会場でご覧ください!


今週も皆様のお越しをお待ち申し上げております。


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋 京都店
6階 美術画廊・工芸サロン・茶道具売場
電話 075-221-8811(代表)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋美術部 ブログ&スケジュールはこちらから!
http://www.takashimaya.co.jp/art/index.html
タカシマヤ オンラインストア 美術コレクションはこちらから♪
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/sportshobby/0800001050/




ページトップへ