TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

髙島屋美術部創設110年記念 青渕会 日本画展 ~標~& 還暦記念 五世 島田 耕園 御所人形展 他力 —ひとがたとともに— 開催中です!

2018.10.16
こんにちは。<はんなり*ハンペン>です。
朝晩涼しくなりました~、秋ですね。涼しい秋の夜長、皆様どうお過ごしになられていますか?
ゆっくり読書もいいですが、時には気になる画家や陶芸家、彫刻家の美術画集を見るのも良いものです。
気軽にたくさんの作品を見れる事もいいですし、詳しい解説も付いている場合もあり、より楽しめます。
古今東西の美術、あの気になる美術の画集を探してはいかがでしょうか?

今週の美術画廊の催しのご紹介です。

 




髙島屋美術部創設110年記念

青渕会 日本画展 ~標~

■10月17日(水) → 23日(火)
■6階美術画廊 ※最終日は午後4時閉場。


青渕会日本画展は、"青い渕に棲み、天へ駆け昇る龍の如く" 芸術の高みを目指しお互いを刺激しあう場となるよう、故 大山忠作先生が命名された展覧会です。
世代や所属団体の壁を越え日本画の「標(しるべ)」となり、日本画の魅力を伝えることを目的に作品を紹介しております。

[出品作家]
岡 信孝 小田野 尚之 小山 硬 川島 睦郎
川嶋 渉 竹内 浩一 土屋 禮一 牧 進
松本 勝 森田 りえ子 森本 純 山田 伸
(敬称略・五十音順)


■雪中花 24.5×33.5cm 岡信孝


■旭 24.5×33.5cm 小山硬
金に紅白の色合い、お祝いに合う作風です。


■雪の朝 45.4×15.8cm 川嶋渉
ピカピカと水面輝くモチーフをイメージされる方も多いはず、今回は「雪の朝」と題しシンシンと雪積もる枝に花が咲きます。


■孤 40.9×31.8cm 竹内浩一
カワイイ柴犬のフサフサな毛並み感が伝わります、癒されますね。


■惜春 32.0×41.0cm 牧進
<ハンペン>は子供の頃、釣りで鯉をたまに釣りました。鯉のウロコヌルヌルとした感じまで伝わってきます。
澄んだ水に散ったサクラのなかを、スイスイと鯉が行きます。



■紅白梅 45.4×15.8cm 川島睦郎


■陽春 40.8×56.2cm 松本勝


■夕 45.6×23.0cm 山田伸
細かい線で、枝や実が描き込まれ、鳥の羽のフサフサとした感じが見事です。思わず作品に近寄って見入ってしまいます。




■秋日 45.5×60.7cm 小田野尚之
新緑の美しい風景が印象強い方も多いと思いますが、今回の作品は黄色の美しい秋景色です。ウットリ…

<ハンペン>風水には詳しくないですが、黄色は金運が良くなるとか?
金運があがるかどうかは分かりませんが、美しい黄色に気持ちが洗われること間違いないです。

そのような心洗われる作品ばかりを紹介する青渕会日本画展、皆様のお越しをお待ちしております。

そして、西画廊のご案内です。



還暦記念

五世 島田 耕園 御所人形展

他力 —ひとがたとともに—

■10月17日(水) → 23日(火)
■6階美術画廊 ※最終日は午後4時閉場。



日本工芸会正会員として精力的に御所人形を制作、発表されている五世 島田 耕園先生。還暦を記念する今展では、清楚で愛らしく純真無垢な御所人形をはじめ、阿弥陀如来や菩薩を見立てた御所人形などの新作を紹介しています。

ちなみに他力とは、仏教用語でもあるそうなのですが、思いもよらない、見えない力につき動かされることだそうです。

幾つか作品をご紹介いたします。


●這児 (大)・(中)
元気な幼子がハイハイをしております。子供の健康を末永く願う気持ちが、伝わってきます。
ムチムチの手足が、健康そのものです。

ちなみに今回、五世 島田 耕園先生のご制作される御所人形のベースは陶器でその上を胡粉で塗り重ねておられます。
とても手間のかかる作業により作品が出来上がります。


●大黒・蛭子
顔の表情は塗り重ねて隆起した胡粉を削ったり、足したりして形成されます。耳のやわらかさ、まぶたのふくらみを表現する繊細な作業です。



●桜の童子
頭の上には水引の模様があしらわれ、吉祥が表現されています。
上から見ると…失礼します。


朱で水引の形がはっきり見て取れます。
また、御所人形のおなかの御へそは、どれも鍵の形となっています。


●見立普賢
また、失礼します… 御へその鍵マークが見えますでしょうか?




平成雛飾り

雛人形です。お内裏様、お雛様、三人官女、みんな福々しい、いい顔されています。来年で平成も終わり、御所人形で飾る平成の雛飾り是非とも、美術画廊でご覧ください!

そして、さらに五世島田耕園先生、御所人形について詳しく知りたいかたに朗報、
島田耕園先生によるギャラリートークがあります。

10月20日(土)、21日(日)
午後4時より、6階美術画廊にて

お時間許しますようでしたら、是非ともお越しください。


今週も皆様のお越しをお待ち申し上げております。


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋 京都店
6階 美術画廊・工芸サロン・茶道具売場
電話 075-221-8811(代表)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋美術部 ブログ&スケジュールはこちらから!
http://www.takashimaya.co.jp/art/index.html
タカシマヤ オンラインストア 美術コレクションはこちらから♪
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/sportshobby/0800001050/
ページトップへ