TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

髙島屋美術部創設110年記念 髙賀会 開催中!

2019.01.02
皆様~!
明けましておめでとうございます!!


にこ☆ぷちデラックスです。
今年も皆様に楽しんで頂ける、魅力ある美術催しを
毎週ご紹介していきたいと思います。
本年も「アートdeほっこり」をどうぞよろしくお願いいたします♪

では、今年最初の催しをご紹介いたします~。


髙島屋美術部創設110年記念

髙賀会

■会期:2019年 1月2日(水)→ 8日(火)
■会場:6階 美術画廊

2019年の年頭にあたり、恒例となりました特別企画の
「髙賀会」を開催いたします。

京都を拠点に活躍されている、
日本画・工芸・書の各分野を代表される先生方に
気韻に満ちた格調高い作品を発表していただいております。
まずはお正月の晴れやかな雰囲気に包まれた会場をご覧ください♪














今年も紅白の餅花が皆様をお出迎えいたします。
では早速、各先生方の作品を紹介してまいります。
(敬称略・五十音順)

<日本画>


上村淳之「雪の音」6号
降り積もった雪が落ちる、かすかな音が聞こえてきそうですね。
上村先生最新作です。




山﨑隆夫 「紅白梅花」4号

新春らしい、紅白の梅をモチーフした作品です。



<工芸>


伊藤裕司 「扶桑花 盆」





今井政之 「象嵌彩窯変 舞翔 花壷」
平和の象徴ともいえる羽ばたく白鳩をモチーフにされた作品。

新しい元号になっても、平和な日々が続くといいですね。




中井貞次 「双樹」





森野泰明 「滄碧弧状扁壷」



<書>


池田桂鳳 「春はただ」

春はたゞ花のひとへにさくばかり ものゝあはれは 秋ぞまされる
拾遺集」より





【参考出品】
今展では、昨年ご逝去されました

古谷蒼韻先生、岩倉 寿先生の作品も、
参考出品させていただいております。


岩倉 寿 「くわい」4号





古谷蒼韻 「逆白波」齊藤茂吉
最上川 逆白波のたつまでに ふぶくゆふべと なりにけるかも (齊藤茂吉)より





京都ゆかりの、各分野における重鎮の先生方の作品が
一堂にご覧いただける、またとない機会です。

今週も皆様のお越しをお待ち申し上げております。



○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋 京都店
6階 美術画廊・工芸サロン・茶道具売場
電話 075-221-8811(代表)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋美術部 ブログ&スケジュールはこちらから!
http://www.takashimaya.co.jp/art/index.html
タカシマヤ オンラインストア 美術コレクションはこちらから♪
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/sportshobby/0800001050/



ページトップへ