TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

動植物を感情豊かに描く! 畠中 沙綾 陶展

2019.02.14
皆さまこんにちは、ひさびさのほっこり案内人の登場です。
先週は各地大荒れの天気となりましたが、皆さまがお住まいの地はいかがでしたか?
2月も中旬にさしかかってまいりました。
穏やかで暖かな日々を待ち焦がれつつ、今週もどうぞ髙島屋京都店6階の美術画廊前にお立ち寄りくださいませ。

では、只今開催中の催事をご案内いたします。

畠中 沙綾 陶展


会場=6階美術工芸サロン
会期=2月13日(水)→2月19日(火) <最終日は午後4時閉場>

畠中沙綾(はたなかさあや)先生は、1992年 兵庫県西宮市にお生まれになり、
2015年 京都市立芸術大学美術学部陶磁器専攻を卒業、2017年 京都市立芸術大学修士課程陶磁器専攻を修了され、
現在は、兵庫県西宮市にてご制作されています。
髙島屋京都店では、今回が初個展となります。
独自の陶土を手びねりで成形された、様々なモチーフの表情や色調を、どうぞ会場にてじっくりご覧くださいませ。



では、作品を紹介してまいります。


タイトル『白猿の流儀』
会場の正面に威風堂々と鎮座しております。こちらへ挑んでくるような表情が特徴的です。


タイトル『ヤマヒツジ』
妙にリアルで、なんとも言えぬ存在感を漂わせております。


タイトル『For you』口にくわえた枝を誰にプレゼントするのでしょうか?


タイトル『ぺロべロス』小さな入り口から首を出した感じですね、3匹の表情が面白い。


タイトル『ふくらザラシ』 ほのぼのとした表情がいいですね~


『コギしり碗』と『柴しり碗』


酒器・食器各種




最後に、畠中沙綾先生を紹介いたします。
先生は片道2時間以上の遠距離通勤となりますが、毎日会場に来られる予定です。
皆様の御来場をお待ち申しあげております。

以上、ほっこり案内人がご案内いたしました。
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋 京都店
6階 美術画廊・工芸サロン・茶道具売場
電話 075-221-8811(代表)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋美術部 ブログ&スケジュールはこちらから!
http://www.takashimaya.co.jp/art/index.html
タカシマヤ オンラインストア 美術コレクションはこちらからhttp://www.takashimaya.co.jp/shopping/sportshobby/0800001050/
ページトップへ