TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

木の温もりに触れてくださいね! 田中 清貴 木工展

2019.03.09
皆さまこんにちは、ほっこりはん89です。
3月に入り、心なしか暖かな日も増えてまいりましたが、この先まだまだ冷え込む時もあるとの予報。
麻疹が収束に向かったかと思えば、今度は風疹がはやり始め?
また 花粉と黄砂にも十分に気をつけてください。
特にラストスパートの受験生のみなさま、ご体調管理を万全に!
春の行楽シーズンが近づく京都の街、今週も髙島屋京都店6階の美術画廊前にてお待ちいたしております。

では、只今開催中の催事をご案内いたします。

田中清貴 木工展

会場=6階美術工芸サロン
会期=3月6日(水)→3月12日(火) <最終日は午後4時閉場>

田中清貴(たなかきよたか)先生は、1972年京都にお生まれになり、1991年京都市銅駝美術高等学校の漆芸科を卒業。
その後、飛騨高山国際工芸学園の木工科にて学ばれ、1998年 第17回長野県工芸展 入選・受賞
茶道美術公募'98淡交ビエンナーレ にも入選され、伝統工芸を中心に活躍をされている先生の4回目の個展を開催いたします。
木のぬくもりを感じていただける椅子から机・卓やうつわなどを展観いたしております。

会場はこんな感じです。


では、これより作品を紹介してまいります。


『拭き漆スツール』
今展の案内状にも掲載されている作品です。
写真では木目が分かりにくいのですが、素材は、野球のバットにも使われているタモの木です。



『総桐ベンチ』色違いですが、他にサイズの違う椅子も展示しています。
実用品としては軽くて使い勝手がいいと評判の桐を用いた椅子です。
また、少し粋な感じのディスプレイの台としてもお使いいただけそうですね。


こちらのガラスケースの中には愛らしい鬼灯の実の中にまんまるな水晶、小ぶりで飾っていただきやすい作品を展観しています。


乾漆技法によって作られた5枚組の鉢です。使っていただきやすい大きさの作品となっております。
ぜひ会場にてお手に取ってみてくださいませ。


立体の木工作品のみならず、壁面をさりげなく、小粋に飾ることのできる作品も展観いたしております。



最後に、田中清貴先生を紹介いたします。先生は毎日会場に来られる予定です。
皆様のご来場をお待ち申しあげております。

以上、ほっこりはん89がご案内いたしました。
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋 京都店
6階 美術画廊・工芸サロン・茶道具売場
電話 075-221-8811(代表)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋美術部 ブログ&スケジュールはこちらから!
http://www.takashimaya.co.jp/art/index.html
タカシマヤ オンラインストア 美術コレクションはこちらからhttp://www.takashimaya.co.jp/shopping/sportshobby/0800001050/

ページトップへ