TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

山口 紗矢 陶展

2019.04.11
皆さまこんにちは、ほっこりはん89です。
京都の街は、ようやく春の暖かさを感じられる陽気となりました。
新年度・新生活のスタートを切っている方々が多いでのしょうが、
国内外からの観光客の方々も多数お見受けしております。
今週も、皆さまを高島屋京都店6階の美術画廊・工芸サロンにてお待ち申しあげておりますので、
どうぞお運びくださいませ。

では、只今開催中の催事をご案内いたします。

山口 紗矢 陶展

会場=6階美術工芸サロン
会期=4月10日(水)→4月16日(火) <最終日は午後4時閉場>

山口紗矢(やまぐちさや)先生は、1978年 京都にお生まれになり、2001年京都精華大学芸術学部造形学科陶芸専攻を卒業。2003年には、京都精華大学大学院芸術研究科造形専攻を修了されました。
京都にて制作活動を始め、2008年よりシンガポールにスタジオを構えておられ、京都・大阪・東京・シンガポール他の展覧会に精力的に出品なさっておられます。
髙島屋京都店では今展が2回目。土の持つ質感を用い、南国の風土を映した作品を展観いたします。

今展も南国の風を感じていただけるような作品をたくさん出品いただきました。
いつもと違う雰囲気の会場をご案内いたします。


「Color of Another Sea 大」
今回の中では、一番大きなオブジェ作品です。
器をひっくり返してそこの部分に海の生物を貼り付けています。イソギンチャクやサンゴなどと、ボディは
水の感じを出していますので、南国の空気感が出ていると思います。
器としても使えるそうですが、サンゴなどを下にすると少し心配ですね。
こちらは少し小ぶりの作品です

「Color of Another Sea」
アップにしてみました


シンガポールではお茶が盛んになってきているそうで、先生はお茶道具も制作されています。

「水指」と 「ちゃONE」(茶碗)です、茶碗はシンガポールの土を使っています。

「蓋置」と「水指」です

酒器もこの様にカラフルに制作されています。


豆皿も楽しげに並んでいます、お気に入りの1品をお探しください。





最後に、山口紗矢先生を紹介いたします。先生は 毎日来られる予定です。
皆様のご来場をお待ち申しあげております。

以上、ほっこりはん89がご案内いたしました。
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋 京都店
6階 美術画廊・工芸サロン・茶道具売場
電話 075-221-8811(代表)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋美術部 ブログ&スケジュールはこちらから!
http://www.takashimaya.co.jp/art/index.html
タカシマヤ オンラインストア 美術コレクションはこちらからhttp://www.takashimaya.co.jp/shopping/sportshobby/0800001050/
ページトップへ