TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

長村 萌花 作陶展

2019.07.05
こんにちは、久々のほっこり案内人です。
あっという間に七夕も過ぎ去りました。
皆さまは短冊にどのような願いをしたためられたのでしょうか?

では、只今開催中の催事をご案内いたします。

長村 萌花 作陶展

会場=6階美術工芸サロン
会期=2019年7月10日(水)→7月16日(火) <最終日は午後4時閉場>

長村萌花(ながむらもえか)先生は、1983年大阪府八尾市に生まれ、2006年京都精華大学芸術学部日本画分野を卒業後、三世澤村陶哉氏に師事されました。
師匠のもとでは薪窯を用いておられ、大学で培ったデッサンを活かした絵付けと造形力により、身近な植物を表現された器や花器を制作されています。
なお、今回の髙島屋京都店での個展が先生の初めての個展となります。

会場をご紹介いたします。
「灰被り茄子花入」 穴窯で制作された大きな壷です。灰が良くかかっていて茄子の形の焼き〆がなかなか豪快な感じです。


「彩色美男蔓図 陶板(夏)」 長さ72.0cmの大きな陶板です。
日本画のデッサン力が活かされた作品ですね。



「灰被り美男蔓図 陶板(冬)」 こちらは長いところが75.0cmと一番大きな陶板。
上の色絵の作品が夏の生い茂った感じで、こちらは同じ花の秋から冬にかけての枯れた感じを表現されています。
どちらも細かな絵付けをされています。



会場はこんな感じになっております。
食器から壷、花器、陶板などがたくさん陳列されています。



酒器もこのとおり薪の良い雰囲気が出た作品です。




最後に、長村萌花先生を紹介いたします。先生は毎日ご就役の予定です。

皆さまのご来場をお待ち申しあげております。
以上、ほっこり案内人がご案内いたしました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋 京都店
6階 美術画廊・工芸サロン・茶道具売場
電話 075-221-8811(代表)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋美術部 ブログ&スケジュールはこちらから!
http://www.takashimaya.co.jp/art/index.html
タカシマヤ オンラインストア 美術コレクションはこちらからhttp://www.takashimaya.co.jp/shopping/sportshobby/0800001050/
ページトップへ