TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

「ふふふ」を食卓へ! 藤田 美智 陶展

2019.09.25
皆さまこんにちは、ほっこりはん89です。
9月も下旬を迎え、朝晩少しずつ秋めいてきたように感じられます。
虫たちの音色に身も心も癒されつつ、
今週も高島屋京都店6階・美術画廊前の美術工芸サロンにて皆さまをお待ち申しあげております。

では、只今開催中の催事をご案内いたします。

藤田 美智 陶展

会期=2019年9月25日(水)→10月1日(火)   ※最終日は午後4時閉場
会場=6階美術工芸サロン

藤田美智(ふじたみさと)先生は、京都にお生まれになり、2004年京都精華大学 芸術学部造形学科 陶芸専攻をご卒業後、
2006年に京都市工業技術センター 陶磁器コース専修課程を修了なさいました。
2007年から清水焼の窯元に従事され、2013年に京都美術ビエンナーレにご出品、2016年には京ものユースコンペティションにてグランプリを受賞されました。
翌2017年高島屋京都店の美術工芸サロンにて初個展を開催。
2回目となる今展には、日常の中の非日常をテーマに表現した人や動物のオブジェや器、思わず微笑が生まれるような作品をご出品いただいております。


では、作品を紹介させていただきます。


『タイ乗り大黒えびす』 小振りですが、とにかくおめでたそうな一品。思わずカメラを向けちゃいました。


『カガヤキ ~ゴールのとき~ 』 タイトルから察するに陸上選手なんだろうけど、種目の見当が付かない不思議な作品です。


『頭器』 陶器で作られた頭の部分ってことのようですが、何とも言えぬ表情たちが集っています。


『守ってあげたい』 タイトルの思いが伝わってくるような顔の表情や量感がありつつ、丸みを帯び、温かそうな作品です。


ガラスケースの中には、さまざまなご婦人方にご参集たまわっております。


来年の東京に先駆け、早くも京都にてオリンピックがスタート?


他にも、会場のあちこちに、「ふふふ」な作品たちが多数展観されております。どうぞじっくりご覧くださいませ。


愛らしく、思わず笑みがこぼれそうになる食器も出品いただいております。食卓にも「ふふふ」をどうぞ!


最後に、藤田美智先生をご紹介いたします。
皆さまのご来場をお待ち申しあげております。
なお先生は、会場には27日(金)と30日(月)はご都合により不在です。

以上、ほっこりはん89がご案内いたしました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋 京都店
6階 美術画廊・工芸サロン・茶道具売場
電話 075-221-8811(代表)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋美術部 ブログ&スケジュールはこちらから
http://www.takashimaya.co.jp/art/index.html
タカシマヤ オンラインストア 美術コレクションはこちらから
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/sportshobby/0800001050/

ページトップへ