TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

白瓷/色絵箔巧彩! 佐藤 典克 陶展

2019.10.23
皆さまこんにちは、ほっこり案内人です。
お久しぶりのブログです。

最近は、日中と朝晩の気温の寒暖さが大きいので、風邪にはお気をつけてください。
そして 充分ご自愛いただき、今週も高島屋京都店6階・美術画廊前の美術工芸サロンにお運びくださいませ。
では、只今開催中の催事をご案内いたします。

佐藤 典克 陶展

会期=2019年10月23日(水)→10月29日(火)   ※最終日は午後4時閉場
会場=6階美術工芸サロン

佐藤典克(さとうのりかつ)先生は、1974年岐阜県羽島市生まれ。
2001年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程陶芸専攻を修了後、2003年神奈川県相模原市に築窯されました。
陶美展、現在形の陶芸萩大賞展、美濃茶盌展、美濃陶芸展、神奈川県美術展などにて多数受賞され、
現在は日本工芸会正会員、日本陶芸美術協会幹事で、多摩美術大学工芸学科の非常勤講師をされています。
今回の高島屋京都店・美術工芸サロンでは初の展覧会となります。

「縒プラチナ箔巧彩鉢」(よりぷらちなはくこうさいはち)
今展のDMに掲載している作品で、なかなか迫力があります。
「縒」(より)は「白瓷」の装飾方法で、2013年ころより取り組んでおられるシリーズのひとつです。
また最近は新たな色絵の表現方法として「箔巧彩」にも精力的に取り組んでおられます。
<「縒」(より)とは糸をイメージした線を表面に施すことなど >


作品ボディの「縒」(より)の部分のアップ(左)と作品上部の「箔巧彩」のアップです。


「色絵プラチナ箔巧彩花入」
カラフルでいてどっしりとした印象の作品です。


「陶板 富士と湖」
デフォルメされた富士山がなんともかわいらしく表現され、モダンな感じですね。


「色絵銀箔巧彩角皿揃」
2枚組の皿です。こちらも良い雰囲気の器ですね。


酒器もたくさん出品しております。





最後に、佐藤典克先生を紹介いたします。
会期中は24日のみご不在ですが、最終日まで会場におられます。
皆さまのご来場をお待ち申しあげております。

以上、ほっこり案内人がご案内いたしました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋 京都店
6階 美術画廊・工芸サロン・茶道具売場
電話 075-221-8811(代表)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋美術部 ブログ&スケジュールはこちらから
http://www.takashimaya.co.jp/art/index.html
タカシマヤ オンラインストア 美術コレクションはこちらから
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/sportshobby/0800001050
ページトップへ