TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

米寿の新作 澄川 喜一展

2019.11.06
皆様こんにちは。
今週の画廊には研ぎ澄まされたスタイリッシュな空間が広がっています。まるでこの中だけ空気が変わったように感じます。浮世の喧騒から放たれたひと時をお過ごしください。さっそくご紹介しましょう。


米寿の新作 澄川 喜一展
■11月6日(水) → 12日(火)
■6階美術画廊 ※最終日は午後4時閉場

先生は、1931年島根県に生まれ、東京藝術大学彫刻専攻科を修了後、精力的に発表を続け、2004年には日本藝術院会員、2008年には文化功労者に顕彰されるなど、現代彫刻界を代表し牽引する作家のおひとりとなっています。日本近代彫刻の精神を受け継ぎながら、日本古来の寺社建築や日本刀のデザイン性を取り入れ、現代彫刻へ見事に昇華させた作品シリーズは美術史上において確固たる評価を得ています。今展では、木・御影石・ステンレス・スチールを素材とした「そりのあるかたち」「TO THE SKY」など代表シリーズを中心に大作から小品まで一堂に展観いたします。

大作がすっくと聳え立つ会場風景です。先生は東京スカイツリーのデザイン監修を始め、全国各地の公共施設のモニュメントも手がけておられ、その写真パネルも何点か展示されています。作品とも相通ずる構造美をご一緒にお楽しみください。





■「そりのあるかたち2018」 H218×W85×D50cm 杉
先生の代表シリーズの大作です。作品の前に立つとその緊張感と迫力に圧倒されます。艶やかな木目からは、森林の生命力も伝わってきます。



■「翼」 H40×W50×D8cm 欅



■「そり」 H161×W39×D40cm 松、欅



■「炎」 H35.5×W16.5×D9.5cm 黒御影石、ステンレス・スチール



■「はばたき」 H75.5×W16×D12cm 欅



(前)■「フェニックスの翼A」 H29.5×W34×D11cm 黒御影石、ステンレス・スチール
(後:参考写真)「風の塔」(東京湾アクアライン換気塔)



■「宝舟」 H81×W23×D8cm 楡、杉



親しみやすい小品も展示されています。
(前)■「そりのあるかたちS」 H26.5×W15×D4cm 黒檀、欅
(後:参考写真)「TO THE SKY」東京スカイツリー


いかがでしたか。美術画廊では今週も皆様のお越しをお待ちしております。
4月うさぎがお伝えしました。

 ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋 京都店
6階 美術画廊・工芸サロン・茶道具売場
電話 075-221-8811(代表)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋美術部 ブログ&スケジュールはこちらから!
http://www.takashimaya.co.jp/art/index.html
タカシマヤ オンラインストア 美術コレクションはこちらから♪
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/sportshobby/0800001050/
 

ページトップへ