TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

作陶二十年 平井 明 展 &「京都 日本画新展」受賞者三人展

2020.02.12

皆様こんにちは。4月うさぎです。
「2月は『逃げる』」と言いますが、冬の終わりだか春の先触れだか、お天気も身も心もはっきりしないこの頃です。こんな時こそ、時間がゆったり流れる当画廊にお越しいただいて、心を鎮めてくださいませ。
では今週の画廊催をご紹介します。まずは東画廊から、古代の息吹を感じさせるやきものの世界です。


作陶二十年 平井 明 展
■2月12日(水) → 18日(火)
■6階美術東画廊 ※最終日は午後4時閉場

平井先生は、1975年奈良市に生まれ、1994年に京都府立陶工高等技術専門校を修了後、2000年まで京都府宇治の朝日焼にて修行され、同じく2000年に奈良県の田原本町に「唐古窯」を設立されました。以降、花器やうつわなど作品制作に取り組み、日本伝統工芸近畿展で数々の賞を受賞されるなど活躍されています。今展では、古代の色や形状を意識しながら、独創的な紋様をつける技法によって制作された作品を中心に、新作の数々を展観いたします。



先生が工房を構える田原本町では、古代の遺跡が次々に発掘されています。その出土品に見られる、生命感や現代にも通ずる斬新な造形に魅せられて、作品に表現したいと様々な技法を編み出してこられました。


■積層 手付ノ器


■彩紋 ひょうたん花生


■彩紋 香炉「宙 Sora」
いずれも成形後に泥漿(でいしょう)でつける「ドベ盛り」紋様や、櫛による引っかき紋様、炭化/還元焼成での微妙な色彩効果などを駆使していらっしゃいます。


■白亜 扁壷
「白亜」は最近始められたシリーズです。白い陶土に粒子を混ぜて成形し、乾燥後表面から粒子がはがれ落ちた跡に青い釉薬を象嵌されているそうです。古代からの壷の形との取り合わせをお楽しみください。


■酒器いろいろ
悠久の時の流れに想いを馳せながら、一献傾けるひと時はいかがでしょうか。


続きまして西画廊のご紹介です。瑞々しい感性で描き出された華やかな日本画の世界をどうぞ。

「京都 日本画新展」受賞者三人展
-山本 真澄 乾 榮里子 顧 洛水-
■2月12日(水) → 18日(火)
■6階美術西画廊 ※最終日は午後4時閉場

若手日本画家の活動を奨励することを目的に創設された「京都 日本画新展」において、2019年度大賞、優秀賞を受賞された作家3名によるグループ展を開催いたします。受賞後、約1年をかけて制作された意欲作を発表していただきます。多様な価値観と表現が交錯する中で、京都ならではの古典的な日本画の構想、技、イメージを持ち、「伝統」と「革新」の狭間を往来するかのような個性溢れる作品を一堂に展観いたします。
<出品作家>
山本 真澄(やまもと ますみ) 大賞受賞
乾 榮里子(いぬい えりこ) 優秀賞受賞
顧 洛水(こ らくすい) 優秀賞受賞

上から山本先生、乾先生、顧先生のコーナー別の会場風景です。




出品作品から一点を選んでいただき、お話をお伺いました。

■山本 真澄 「海の記憶」 10号
海で収集された貝殻をモチーフにされています。今はかさかさに乾燥してしまった貝が、まだ生きていた時、人間にはわからない海の中の別世界でどのように過ごしていたかと想像しながら制作されたとのこと。「『子供』もよく描きます。人間と神様が半々の存在のように感じています。」



■乾 榮里子「川の中の獺大海を知らず」 10号
先生はニホンカワウソの連作をされています。外来種に追われて絶滅したと言われていますが、愛媛県では県獣として絶滅危惧種の扱いになっています。「いるかもしれない、いないかもしれないという存在は、妖怪を信じる気もちに通ずる気がします。まだいたら、こんなことをしているかな?と考えながら…。」写実的な獺と、平面的な周囲の対比で面白さを出されているとのこと。



■顧 洛水 「彼女の午後Ⅲ」 10号
この作品では人物を写実的に、着物や背後を装飾的に描いて、その組み合わせの妙を狙われたとのこと。「人物画では髪の描写にこだわっています。中国では髪に人間の魂が宿ると言われているので。」また、日本画独特の画材である「箔」に興味をお持ちで、うまく使えるようになれば、中国画にはない効果が出せると取り組んでいらっしゃいます。

いかがでしたか。美術画廊では今週も皆様のお越しをお待ちしています。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋 京都店
6階 美術画廊・工芸サロン・茶道具売場
電話 075-221-8811(代表)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋美術部 ブログ&スケジュールはこちらから!
http://www.takashimaya.co.jp/art/index.html
タカシマヤ オンラインストア 美術コレクションはこちらから♪
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/sportshobby/0800001050/
 
 

ページトップへ