TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

手のひらの小宇宙 現代根付展 & 「日本の美」を描く <絵画>

2020.02.05
皆様こんにちは。にこ☆ぷちデラックスです。
今週は、皆様の遊び心と美意識をくすぐる作品展をご紹介いたします♪

まずは東画廊では・・・

手のひらの小宇宙

現代根付展

■会期:2020年2月5日(水)→2月11日(火・祝) ※最終日は午後4時閉場
■会場:6階 美術東画廊

「根付」とは、印籠や煙草入れなどを持ち歩くために
着物の帯の下をくぐらせて落ちないように
留具として用いた装身具で、古くは桃山時代の屏風にも
その絵が描かれているそうです。
突起の少ない丸みを帯びた形状や適度な大きさと堅牢性など
制作には実用性にも配慮した制約はあるそうですが、
"用の美”からくる独特な造形と洒落が特徴で、
作品とユニークなタイトルを合わせて見ると、
クスッと笑みがこぼれる作品はとても魅力に溢れています!




根付作品は間近でご覧いただけるように、台の上に展示しております。
会場はこんな感じです。


印籠の作品も一部展観しております。



■「雲上兎蒔絵印籠」 白井 松丘 (乾漆)

台の前には、虫眼鏡もご用意しておりますので、
手のひらにおさまるくらいの小さな彫刻芸術作品をじっくりご鑑賞ください♪

■「鼻曲り」 桑原 仁 (鯨歯)



■「満腹」 芳月 三帆 (象牙)



■「至福のヤマネ」 中川 東平 (黄楊)



■「ふくよこい」 黒岩 明 (象牙)



■「翡翠」 井上 猛 (鹿角)



■「大黒天と鼠」 青木 光行 (象牙)

年々愛好者が増えているという根付を一堂にご覧いただける作品展は
京都店では始めての開催です。
この機会にぜひ、現代の作家たちが作り出す根付作品の魅力を会場で感じてください♪

では、続きまして西画廊をご紹介いたします。

「日本の美」を描く

■会期:2020年2月5日(水)→2月11日(火・祝) ※最終日は午後4時閉場
■会場:6階 美術西画廊

現代日本画壇・洋画壇で活躍される先生方が「日本の美」をテーマとして
四季折々に彩られた風景や花木など、それぞれの視点で描かれた作品を一堂に展観しております。

会場風景です。




出品作品を一部ご紹介いたします。


■「鬼ヤラヒ」 森田りえ子 (H31.5 ×W27)



■「桜・椿と小さな置物」 青木敏郎 (15号F)



■「雪椿」 中島千波 (10号P)



■「富嶽・寛」 櫻井孝美 (15号F)



■「金照の不二」 谷川泰宏 (10号F)



■「伝言」 山﨑鈴子 (6号M)



■「貌花♯2」 中村彰良 (H40× W30× D1.5㎝)



■「木蓮」 笠井 遥 (4号S)



■「心からの尊敬」 飯島二朗 (8号F)



■「お祝い妖し」 平良志季 (SM)


<主な出品作家>
青木敏郎 /飯島二朗 / 笠井 遥 / 小宮絵莉 /櫻井孝美 /
志水堅二 / 楚里勇己 / 平良志季 / 谷川泰宏 / 全 民玉 /
中島千波 / 中西麻莉子 / 中村彰良 / 服部由空 / 森田りえ子 /
谷中美佳子 / 山﨑鈴子・・・(五十音順・敬称略)

「日本」を象徴する代表的なモチーフである富士山や、梅や桜の花々、
季節の行事などが作家ごとの捉え方で表現されているのも大変興味深いです。
美しい色彩で描かれた作品の数々をぜひ会場でご覧ください♪

今週も皆様のお越しをお待ち申し上げております♪

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋 京都店
6階 美術画廊・工芸サロン・茶道具売場
電話 075-221-8811(代表)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋美術部 ブログ&スケジュールはこちらから!
http://www.takashimaya.co.jp/art/index.html
タカシマヤ オンラインストア 美術コレクションはこちらから♪
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/sportshobby/0800001050/



ページトップへ