TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

極細密な紋様を描く! 加藤 美樹 陶展

2020.02.26
こんにちは、ほっこりはん89です。
暦はまもなく弥生3月へと移ろいます。暖かで穏やかな春の到来を心待ちにしながら、
今週も京都高島屋6階・美術画廊と美術工芸サロンにて皆さまのお越しをお待ちいたしております。

では、只今開催中の催事をご案内いたします。

加藤 美樹 陶展

会期=2020年2月26日(水)→3月3日(火)   ※最終日は午後4時閉場
会場=6階美術工芸サロン

加藤美樹(かとうみき)先生は、1980年神戸にお生まれになり、2001年嵯峨美術短期大学 芸術学科 陶芸コースを卒業、2006年に京都府立陶工高等技術専門校を修了なさいました。
磁器の素地表面に泥漿を絞り出して立体的な線を描くイッチンという技法で描いた紋様に、音楽を奏でるかのようにさまざまな色を重ねて作られた茶器・花器などを展観いたしております。
髙島屋京都店では3回目の展覧会開催です。


では、これより作品を紹介してまいります。


『キカガク 壺』 白い器体にきめ細やかな紋様が数多くみられます。


『樹花 水指』 こちらも、細やかな花がたくさん散りばめられています。


『碧奏』 壁面の空間を彩っていただける額装作品となっております。


『寿老人 一輪挿』 いにしえの、人間国宝の作家さんを思い出させる一品です。


抹茶碗も展観しております。ぜひご覧いただきたいと!


金と赤を駆使した作品たち。色鮮やかに会場正面に。


富士山を描いた『fujiyama』シリーズは初のお披露目、必見でございます。


色彩豊かで、手のひらに収まりそうな愛らしい一輪挿たちです。


酒器や食器類も出品いただいております。どうぞお手に取ってみてくださいませ。



最後に、加藤美樹先生を紹介いたします。
先生は毎日会場におられる予定です。
皆さまのご来場をお待ち申しあげております。

以上、ほっこりはん89がご案内いたしました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋 京都店
6階 美術画廊・工芸サロン・茶道具売場
電話 075-221-8811(代表)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋美術部 ブログ&スケジュールはこちらから
http://www.takashimaya.co.jp/art/index.html
タカシマヤ オンラインストア 美術コレクションはこちらから
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/sportshobby/0800001050
ページトップへ