TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

カエルがいっぱいの世界! 奥谷隆央 陶展

2020.06.03
皆様こんにちは。
ほっこり案内人です。
ブログにアクセスありがとうございます。

今年はコロナで大変な年になってしまいましたが
あっという間に暦は進みまして、6月5日は二十四節気の「芒種」(ぼうしゅ)。
(芒種とは稲など芒のある穀物を植える時期。)
梅雨の到来ももう間近となり、蒸し暑くじめじめとした季節となりました。
皆様、どうか気を緩めず、体調に気をつけてお過ごしください。

では、只今開催中の催事をご案内いたします。

奥谷隆央 陶展

■会期:2020年6月3日(水)→9日(火)※最終日は午後4時閉場
■会場:6階美術工芸サロン

奥谷先生は、1967年京都市に生まれ、大阪学院大学を卒業後、1995年頃から独学で作陶を始められました。
2000年頃からは自宅に窯を設置し、制作活動を本格化されました。
制作されている作品は、緑の色を基調に試行錯誤しながらオブジェや花器、
陶硯など書道に使う用品なども手がけておられます。
今回の展示は先生お得意の「かえる」に特にこだわられて制作されました。
つまり、コロナからから世の中が今までの生活に帰る〈カエル〉ことを願い、
カエルのオブジェやカエルの付いた花器などを展観いたしております。

どうですか!
この様に大小3種類のかえるを100点以上展示しております。


様々な形の花器です。
右の作品はカエルが横に一列に並んでいますね。



「月にカエル」 壁に掛けるタイプの作品です。

アップにしてみました。


こんな感じで並べてみました。会場のカエルの雰囲気はお分かりいただけますか。


「台座付花器」 こちらはカエルではなくコガネムシやカミキリムシ、たま虫にゾウムシ、クワガタムシが
作品に張り付いています。

台座付となっているのはこんな感じで、作品の下に敷いている台があり、
その台にはかえる3匹(右の写真)が乗っていて、それぞれが頭の上に花器を乗せる形でがんばっています。


会場の全体像です。


最後に先生を紹介いたします。

先生は毎日会場に来ておられます。
以上、ほっこり案内人がご案内いたしました。

☆次週の予告
「明主航 陶展」
■会期:2020年6月10(水)→16日(火) ※最終日は午後4時閉場
■会場:美術工芸サロン



○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋 京都店
6階 美術画廊・工芸サロン・茶道具売場
電話 075-221-8811(代表)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋美術部 ブログ&スケジュールはこちらから!
http://www.takashimaya.co.jp/art/index.html
タカシマヤ オンラインストア 美術コレクションはこちらから♪
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/sportshobby/0800001050/
ページトップへ