TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

以美為用展〈陶芸〉~明日へのとびらⅡ~

2020.08.05
皆様こんにちは、ほっこりはん89です。
8月に入りましたが、通勤電車内を始め、朝から多くの学生を見かけます。
やはり、夏休みが例年と異なっているのでしょうか?


では、今週の画廊催しをご案内いたします


以美為用(びをもってようとなす)展〈陶芸〉~明日へのとびらⅡ~
■8月5日(水) → 11日(火)
■6階美術画廊
※最終日は午後4時閉場。
※会期・営業時間・最終日終了時間を変更する場合がございます。


「美」を追求して制作された作品こそが「用」としての目的を果たす「以美為用」(美ヲ以ッテ用ト為ス)というテーマのもと、12名の若い作家によるグループ展を開催いたします。
連綿と受け継がれてきたやきものの歴史に対する想いや技を礎とし、明日へのとびらを開こうとする若い力がそれぞれの関係性を保ちながら互いに響き合う空間を構築いたしております。
■ 出品作家(五十音順)
井尻 杏那・市野 秀作・井上 真利・井上 路久・大上 裕樹・西條 茜
田井 昭江・武村 和紀・田中 雅文・楢木野 淑子・西久松 友花・松本 治幸

出品作家さんたちが集合、準備風景です。


…で、会場はこのようになりました。


では、これより作品を紹介してまいります。


井尻 杏那『会合』 賑やかで楽しそうな会合と見受けました。


西久松 友花『卣』 ユウと読みます。さかだるや酒を入れるつぼを意味するそうです。


武村 和紀『Growing-炎ー』 光を斜めから当てたことにより、陰影と立体感が鮮明になっています。


市野 秀作『釉彩鉢』 すっきりとした釉調で、緊張感のあるフォルムです。


西條 茜『宙の手 ♯01』 金属と陶器による、独創的なコラボ作品です。


田中 雅文『CONGLOMERATE SQUARE SQUARE(5pieces) 細かなパーツの融合により創作された一品です。


井上 路久『風景』 高さ約52cm、ひときわ存在感のある作品が会場の中央に鎮座しております。


楢木野 淑子『部屋』 さまざまな部屋模様を色彩豊かに表現されています。


松本 治幸『無題』 高さ1メートル余。異彩を放つ、ひときわ独創的な一品です。


井上 真利『フタコブをミマモル』 なんとも言えぬ表情に、思わずカメラを向けてしまいました。


大上 裕樹『Focus-1』 器体の表面の細やかな技法が特徴の大作です。


田井 昭江 色鮮やかで愛らしい作品たちが勢ぞろいしています。


そして、会場内の柱周りには、酒器・食器や小品を展観いたしております。

若手陶芸家たちの作品、いかがでしたか?
作品に関するお問い合わせは、高島屋京都店:075-221-8811(代)から美術画廊をご用命くださいませ。


以上、ほっこりはん89がご案内申しあげました。

 ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋 京都店
6階 美術画廊・工芸サロン・茶道具売場
電話 075-221-8811(代表)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋美術部 ブログ&スケジュールはこちらから!
http://www.takashimaya.co.jp/art/index.html
タカシマヤ オンラインストア 美術コレクションはこちらから♪
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/sportshobby/0800001050/
ページトップへ