TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

瀬津 純司・高橋 亞希 陶展 & 木工芸の技と美 10人展~Japanese Fine Wood "KOGEI"~

2020.08.20
皆さまこんにちは、ほっこりはん89です。
8月下旬を迎えておりますが、「残暑」ということばを聞くことが殆どなく、全国的に厳しい「酷暑」が続いております。
眩い空を仰ぎ見、「いつになったら体に優しい気候になってくれるのやら?」と、汗をかきながら、ついひとりごちてしまいます。

では、今週の展覧会、まず東画廊から案内いたします。

瀬津 純司・高橋 亞希 陶展 
■8月19日(水) → 25日(火)
■6階美術東画廊
※最終日は午後4時閉場。
※会期・営業時間・最終日終了時間を変更する場合がございます。

彩墨流という泥漿技法で、自然の美しさや儚さ・命の尊さを表情豊かに表現された瀬津純司(せつじゅんじ)先生と、
繊細な文様を施し、時を過ごす中で感じられる美しさや心象風景を表現された高橋亞希(たかはしあき)先生。
個展を中心に活躍される同世代による、「陰陽五行/四神」を共通テーマとし、互いに尊重し、影響を与え合う二人によるグループ展でございます。


では、これより作品を紹介してまいります。
まず、瀬津先生の作品から。


瀬津純司『彩墨流 花器』 白い器体に激しく揺れ動く様が描かれています。


瀬津純司『彩墨流 花器』 同じタイトルですが、赤い釉薬により、動きがより熱く感じられます。


瀬津純司『彩墨流 花器』 黒い器体に濃い黒や赤を交えたコントラストに、奥行きと迫力が伺えます。


瀬津純司『彩墨流 茶盌』 なかなか出会うことのない個性的なお茶盌かと?


瀬津純司 『彩墨流 香炉』『彩墨流 香箱』 こちらも斬新で希少性の高い作品です。

次に、高橋先生の作品です。


高橋亞希『陶額 四神』 東に青龍、西に白虎、南に朱雀、北に玄武が描かれた、荘厳な一品です。




高橋亞希『茶碗 青龍・白虎・朱雀・玄武』 各々、四神が描かれた抹茶椀も展観いたしております。


高橋亞希『花器ーCosmosー』 細かく多彩な文様で、バランスいい形の花器です。


高橋亞希『陶額ー時の森』 作家のお人柄と同じように、時がゆったりと流れているような画風です。


両先生による酒器なども出品いただいております。

続きまして、西画廊をご案内いたします。

木工芸の技と美 10人展 ~Japanese Fine Wood "KOGEI"~
■8月19日(水) → 25日(火)
■6階美術西画廊
※最終日は午後4時閉場。
※会期・営業時間・最終日終了時間を変更する場合がございます。


日本伝統工芸展を中心に活躍されている、近畿在住の木工芸作家によるグループ展です。
木工芸は、作家が木という自然の素材と向き合い、生み出された造形美や機能美、拭漆により浮かび出る杢の美しさが魅力です。
今展では、公募展に出品されるような作品から、生活の場でお使いいただける上質な作品まで、個性豊かな作品を展観いたしております。

■ 出品作家【五十音順】
天野 豊・市川 正人・甲斐 幸太郎・櫻田 武士・住谷 考蔵
橋村 佳明・疋田 達矢・松本 高次・三浦 信一・宮本 貞治


では、これより、順不同にて、作品を紹介してまいります。


住谷 考蔵『栃拭漆平卓 風薫る 』 木目が、爽やかな風?水?の流れと見受けました。


櫻田 武士 『桐造飾棚』 桐の木目が涼しげな風に見える一品です。


宮本 貞治『欅拭漆鉋目円卓』 鉋目の跡を敢えて残した大作。直径が約69cmあります。


疋田 達矢『楓宝石箱 結』 黒柿と白い器体のコントラストが映える一品です。さて、何が出てまいりますやら?


甲斐 幸太郎『欅拭漆蓋物』 馬の背中のカタチをモチーフに制作されそうです。さて、何を入れましょうか?


三浦 信一『黒柿象嵌飾箱』 黒い器体に細やかな象嵌が施され、凛とした緊張感が漂う作品です。


橋村 佳明『木地曲飾箱』 曲物と言えば橋村先生。削りにくい、曲げにくい素材を駆使した絶妙の一品です。


天野 豊『欅拭漆盛器』 木目が密集した部位を選りすぐって刳り貫かれた一品です。


市川 正人『欅拭漆飾棚』 人が踊っているようにも見える、ユーモラスで独創的なフォルムの一品です。


松本 高次『欅拭漆刳貫花器 浮漂』 水面を漂う飄々とした雰囲気の作品ですが、幅は約55cmと存在感があります。


そして、会場入口には、小品を展観いたしております[壁面には、櫻田先生の時計も皆さまをお出迎えいたしております]

いかがでしたか? 今週も力作揃いの両画廊グループ展となっております。

以上、ほっこりはん89がご案内申しあげました。

 ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋 京都店
6階 美術画廊・工芸サロン・茶道具売場
電話 075-221-8811(代表)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋美術部 ブログ&スケジュールはこちらから!
http://www.takashimaya.co.jp/art/index.html
タカシマヤ オンラインストア 美術コレクションはこちらから♪
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/sportshobby/0800001050/

ページトップへ