TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

ーパステル・距離と存在ー 大谷 郁代 展〈洋画〉 & 岡山 高大・加藤 友理 陶 to 漆 二人展

2021.02.05
皆様こんにちは、ほっこりはん89です。
節分を過ぎ、暦の上では春。とは言え、朝はなかなか布団から抜け出せません。
寒さに負けず、今週も元気に画廊催しをご案内いたします。

まず東画廊から。

ーパステル・距離と存在ー 大谷 郁代 展〈洋画〉
■2月3日(水) → 9日(火)
■6階美術東画廊
※最終日は午後4時閉場。
※会期・営業時間・最終日終了時間を変更する場合がございます。

大谷郁代(おおたにいくよ)先生は、1981年大阪府にお生まれになり、大阪市立工芸高校・美術科洋画コース、広島市立大学の芸術学部美術学科油絵専攻にて学ばれました。
今展では、人物や動物、花や静物などを、パステルや木炭を駆使して描かれた、独創的で柔らかく温かみのある作品を展観いたしております。 髙島屋京都店では初めての個展開催でございます。

ではこれより作品を紹介してまいります。


『Time Remembered』 暖かな日差しの中、うららかな時の流れを、心地よく感じられる大作です。


『Grand』 「静」から「動」へ変わろうとする一瞬を捉え、この後の伸びやかな躍動感を期待させる描写かと?


『知と美』 タイトルの通り、知性と和の美がにじみ出ているような一品です。
…で、女性がさしているのは?



『装飾と美』 一方こちらは、洋の美が感じられる、颯爽として艶やかな画風と見受けました。


『Homemade cake and tea』 ちょっぴり高貴な日常の光景なのかな?とひとりごちながら…


『距離と時間』 このような空間に身を置き、心穏やかに、優雅な時間(とき)を過ごしてみたいなと!


『眠る』 にゃんとも愛らしい一品です。作品にそーっと近付き、じーっくりとご覧くださいませ。
暫しほっこりとした気分に。



『小さなエトワール』 作家さんのご親戚の方がモデルとのことです。作風のみならず、額装も独創的です。


続きまして西画廊へご案内いたします。

岡山 高大・加藤 友理 陶 to 漆 二人展
■2月3日(水) → 9日(火)
■6階美術西画廊
※最終日は午後4時閉場。
※会期・営業時間・最終日終了時間を変更する場合がございます。

岡山高大(おかやまたかひろ)先生は、1976年京都にお生まれになり、成安造形大学・造形学部造形美術科や京都府立陶工高等専門校にて学ばれました。
三島手や印花による細やかな文様を中心に、亀甲のカタチにこだわった釉薬に金彩や白金彩を用いた新たな表現を組み入れた作品を展観いたしております。
また、加藤友理(かとうゆり)先生は、1983年京都にお生まれになり、京都市立銅駝美術工芸高校の漆芸科や京都市工業試験場、さらに香川県漆芸研究所にて学ばれました。萌え出る緑と花々をモチーフに、蒔絵や螺鈿、彫漆技法により、叙情的に作られた漆芸作品を展観いたしております。
3年ぶりに開催します第2回目の二人展でございます。

まず、岡山先生から。

『SEEDS』 器体の表面が裂け、中から大砲?首?がにょっこり飛び出してきたような、ユーモラスで個性的な一品です。


『アボリジニカル』 オーストラリア先住民のアボリジニ・アートを描いた、細やかな文様の作品です。


『亀甲貫入釉泡文鉢』 直径約48cmの大鉢。器体の正面に亀甲のカタチの貫入文様を導き出すため、
土質、釉薬の調合、焼成温度にこだわって制作された逸品です。


次に、加藤友理先生です。


『彫漆箱「Bride」』 漆の表面の彫り方による花びらの濃淡もあり、背景とのコントラストが映える作品です。


『彫漆箱「萌動」』 4層の漆の彫り方により、緑色の違いを表現した彫漆技法に加え、螺鈿も施された作品。
凹凸が写りにくくカメラ泣かせですが、手が込んでいることを伺わせる一品です。


『螺鈿蒔絵小箱「星空の帳」』 漆黒の闇の中に、螺鈿や蒔絵で色鮮やかな夜の帳が描かれた、上品な飾り箱です。

そして、両先生による「陶と漆」の、とても興味深いコラボ作品でございます。


また、食器や酒器、小品なども併せて展観しております。




いかがでしたか? まだまだ紹介しきれていない作品が多数ございます。
今週も、皆さまのご来廊をお待ちいたしております。

以上、ほっこりはん89がご案内申しあげました。

 ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋 京都店
6階 美術画廊・工芸サロン・茶道具売場
電話 075-221-8811(代表)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋美術部 ブログ&スケジュールはこちらから!
http://www.takashimaya.co.jp/art/index.html
タカシマヤ オンラインストア 美術コレクションはこちらから
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/sportshobby/0800001050/
ページトップへ