TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

以美為用(びをもってようとなす)展 ~明日へのとびらⅢ~〈工芸〉

2021.08.11
皆さまこんにちは、ほっこりはん89です。
感動多き東京オリンピックが閉幕し、代わって夏の高校野球が開幕しました。
プロ野球ペナントレースもまもなく再開と、まだまだ暑い季節が続きそうです。
こちらも熱く画廊催しをご案内いたします。

以美為用(びをもってようとなす)展  ~明日へのとびらⅢ~〈工芸〉
■8月11日(水) → 17日(火)
■6階美術画廊
■最終日は午後4時閉場
なお、会期・営業時間・最終日終了時間を変更する場合がございます。

「美」を追求して制作された作品こそが「用」としての目的を果たすというテーマのもと、明日の美術工芸の旗手たらんとする12名の若々しさにあふれる作品を一堂に展観いたしております。
連綿と受け継がれてきた工芸に対する想いや技を礎とし、明日へのとびらを開く若いちから。様々な素材による現代美術工芸の「美」の競演をぜひご覧くださいませ。

では、これより作品を紹介してまいります。



三島 寛也(みしま ひろや) 1995年兵庫県生まれ。
『眺望』 ゾーンの中央にどっしりと構えた陶芸作品の大作。そのてっぺんにご注目!


加藤 千佳(かとう ちか) 1994年兵庫県生まれ
『crunmble #45-4』 涼しげなガラス作品ですが、とぉにかく繊細、とっても繊細。


明主 航(みょうしゅ わたる) 1990年京都生まれ
『刻彫盤 sculpture record』 独特な文様を描いた陶盤がずらり勢揃いしております。


中島 綾香(なかじま あやか) 1989年大阪府生まれ
『内に潜むモノ -あふれる何か-4』 興味深い釉調の器体から、何かがあふれ出てきています。何なんでしょう?


柞磨 祥子(たるま しょうこ) 1991年広島県生まれ
『Box:N』 漆芸作品です。とにかく近付いて、じっと観てみてくださいませ。


中村 宏太郎(なかむら こうたろう) 1980年京都府生まれ
『伊賀貝目大壺』 会場の中央にて存在感を放っております。手前のお茶碗も手に取ってご覧くださいませ。


岡安 真美(おかやす まなみ) 1984年福井県生まれ。
『金魚』 なんともいえぬ表情やフォルムに、思わずズームアップしてしまいました。


小島 有香子(こじま ゆかこ) 1979年千葉県生まれ
『Layers of Light -Sun- #2』 ガラスの層の組み合わせによって制作された作品。作品の向きや光の入射角による陰影や色の変化を楽しんでくださいませ。


青木 岳文(あおき たけふみ) 1991年岐阜県生まれ
『vase』 凛とした、ちょっぴり危なげで、緊張感ある花器がずらりと整然と。


釣 光穂(つり みつほ) 1991年兵庫県生まれ
『ハワイ』 明るいパステル調の色彩で、毛糸で編みあげたような陶芸作品たちです。



熊田 悠夢(くまだ ゆうむ) 1992年 島根県生まれ
『歌え』 木の素材で温もりの感じられる空間に、ひょっこりと、ユニークな作品が…


下地(しもじ) ひとみ 1997年沖縄県生まれ
『コロモ』 独創性の強いフォルムに、温かみのある釉調がうかがえる作品たちです。


また、画廊前の工芸サロンでは、
岸本博(きしもとひろし)ガラスアクセサリー展
■8月11日(水) → 17日(火)
■最終日は午後4時閉場
なお、会期・営業時間・最終日終了時間を変更する場合がございます。


…を開催いたしております。

いかがでしたか?
今週も、若い作家さんたちの熱意が感じられる作品を一堂に展観いたしております。
みなさまのご来場をお待ち申しあげております。

以上、ほっこりはん89が案内いたしました。

 ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋 京都店
6階 美術画廊・工芸サロン・茶道具売場
電話 075-221-8811(代表)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋美術部 ブログ&スケジュールはこちらから!
http://www.takashimaya.co.jp/art/index.html
タカシマヤ オンラインストア 美術コレクションはこちらから
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/sportshobby/0800001050/
ページトップへ