TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

中島健太展 ーzoneー 〈洋画〉 & 八代 清水 六兵衞 展~記憶のかたち~〈陶芸〉

2021.09.30
皆さまこんにちは、ほっこりはん89です。
早いもので、2021年も、残すところあと3か月となりました。
「芸術の秋到来!」も、まもなくかと?
今週も明るく元気に画廊催しを紹介してまいりますね。

では、東画廊から。

中島健太展 ーzoneー 〈洋画〉
■9月29日(水) →10月5日(火)
■6階美術東画廊
■最終日は午後4時閉場
なお、会期・営業時間・最終日終了時間を変更する場合がございます。

中島健太(なかじまけんた)先生は、1984(昭和59)年東京にお生まれになり、武蔵野美術大学在学中よりプロのキャリアをスタートなさいました。
2009年、日展に初出品で特選を受賞、2014年にも20代の若さで2度目の特選受賞と、次代を担う作家として注目されておられます。また、新人作家のコンテストを主宰されるなど、美術の普及活動も精力的に行っておられます。
今展では、女優をモデルにした人物画から、人それぞれの地平線に思いを馳せることができる「匿名の地平線」シリーズまで、一堂に展観いたしております。


では、これより作品を紹介してまいります。


『a present  -花より団子ってわけじゃないけど-』6号
会場すぐ右側にて、愛らしく、こころほっこり温まる作品が、皆さまをお迎えいたしております。


『匿名の地平線』シリーズ。 順に、-ver.turquoise  yellow  blueの3色の作品。  いずれも40号、縦が100cmの大作です。
その色合いにそれぞれの季節や刻(とき)を見、 波や雲、遠いかなたの地平線に、様々な思いを馳せつつ、じっくり鑑賞していたいと思いながら。


これらの作品には『phantom』なるタイトルがついております。
温もりや聡明さの中に、ちょっぴり妖艶な美も感じられるんですが、ひょっとして、我々が観ていますのは、phantom…幻像・幻影なのでしょうか?


そして、『匿名の地平線』シリーズで、少しずつ表情の異なる約20cm四方の小さな作品も、会場内にズラリと展観いたしております。
この機会に、ぜひ中島健太先生の世界観に包まれてみていただきたいと。


続きまして、西画廊へ…

八代 清水 六兵衞 展~記憶のかたち~〈陶芸〉
■9月29日(水) →10月5日(火)
■6階美術西画廊
■最終日は午後4時閉場
なお、会期・営業時間・最終日終了時間を変更する場合がございます。

八代 清水 六兵衞(きよみずろくべえ)先生は、1954(昭和29)年清水焼の名家・清水家の長男としてお生まれになり、1979年早稲田大学理工学部建築科をご卒業。京都府立陶工職業訓練校と京都市工業試験場にて陶芸を学ばれ、2000年に八代を襲名なさいました。
建築も学ばれた当代ならではの、たたら技法による構造的な作品には、独自の空間や陰影が伺え、強い存在感を放っております。
今展では、新しい生地や釉薬を巧みに使い分けつつ、「角柱」をテーマとし、大胆にカットを施すことで、機能性に加え、内外・上下の関係性から創作された空間構造のオブジェや花器、茶碗や香合などを一堂に展観いたしております。

では、作品を紹介いたします。


『記憶の塔2021-A』 そのフォルムのみならず、釉調の美しさや、凛とした緊張感溢れる作品。会場の中央に鎮座いたしております。


『記憶の塔2021-D』 こちらは、色調が異なり、黒い衣を纏った趣のある作品。見事に創作されたその空間余白の美にも、ついつい見入ってしまいます。


『黒磁花器 A』 今展の作品たちのなかでは、決して大振りではございませんが、華道家の皆さまのこころを揺さぶる造形作品ではないでしょうか?


『シャフト D』 正面からのみならず、360度ぐるりと見渡していただきたい作品ばかりです。ぜひ係員までご依頼のお声かけを!


『Wall impression J』 展示台の作品たちのみならず、目線を上げていただき、どうぞ壁面もご鑑賞くださいませ。


凝った釉調に、五・六・七・八角形とユニークなカタチのお茶盌たち。高台がチと変わった作品もございますよっ。


お茶盌に負けず劣らず不思議なフォルムの『輝白刻線香炉』 お床に飾られている姿も見てみたいと。


画廊の入口には、酒器や香合といった小品も展観いたしております。


また、画廊前の工芸サロンでは、
陶 佐藤宏史(さとうひろし)展
■9月29日(水) → 10月5日(火)
■最終日は午後4時閉場
なお、会期・営業時間・最終日終了時間を変更する場合がございます。

…を開催いたしております。



いかがでしたか?
今週も、個性的、独創的な作品の数々を多数展観いたしております。
皆さまのご来場を心よりお待ち申しあげております。

以上、ほっこりはん89が案内いたしました。

 ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋 京都店
6階 美術画廊・工芸サロン・茶道具売場
電話 075-221-8811(代表)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋美術部 ブログ&スケジュールはこちらから!
http://www.takashimaya.co.jp/art/index.html
タカシマヤ オンラインストア 美術コレクションはこちらから
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/sportshobby/0800001050/
ページトップへ