TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

画集刊行記念 瀧下 和之展〈絵画〉 & ~光りのいろ~ 江里 朋子 截金作品展

2021.11.04

こんにちは、ほっこりはん89です。
深まりゆく秋の日々、いかがお過ごしでしょうか?
今週も、皆さまを『芸術の秋』へ誘(いざな)いたいと存じます。


では、まず東画廊から…

画集刊行記念  瀧下 和之展〈絵画〉
■11月3日(水・祝) →9日(火)
■6階美術東画廊
■最終日は午後4時閉場

瀧下和之(たきしたかずゆき)先生は、1975(昭和50)年熊本県にお生まれになり、2001年東京藝術大学大学院の描画装飾デザイン専攻(中島千波研究室)を修了なさいました。
偶然落書きしていた鬼から『桃太郎シリーズ』が創造され、以来ご自身のライフワークとしておられます。
今回は、5冊目となる画集の刊行記念として、桃太郎にちなんだ、フィギュアを含む鬼の作品に加え、風神雷神や不動明王などをモチーフとした作品も展観いたしております。


まずは新たに刊行されました画集から。3,100円(税別)にて販売いたしております。

では、これより作品を…



『鬼フィギュアDX2』の三体(三色?)が揃い踏みで皆さまをお出迎え。
世にはびこる邪悪なウィルスを追い払ってもらえぬかなと。


会場全体はこのようになっております。


『龍虎図』 関西の虎も、これぐらい眼光鋭く戦ってもらいたいと願いながら掲載。


『富嶽雷神図』と『富嶽風神図』 コミカルですが、力強く大胆に描かれた作品です。


…で、さきほどの双作が屏風になったかのような『富嶽風神雷神図屏風』 この迫力、この大きさ、圧巻です!


『桃太郎図ノ九百参拾伍 鬼が島で鬼退治。』 物語のクライマックスなんだろうけど、
少し離れて観ると、鬼退治ではなく、なんだか楽しそうに遊んでるように見えるのは気のせい?


ずらりと並んだ小品からも何点か紹介いたします。


『桃太郎図ノ九百参拾四 スーパーグレートウルトラスペシャルキック。』
ものすご~く長い技の名称ですが、勝手に訳しますと、
往年のプロレスラーの必殺技『32文ロケット砲』ってとこでしょうか?


『桃太郎図ノ九百参拾参 スーパーウルトラパワフルグレートマグナムパンチ。』
…って、どんだけすごい破壊力のパンチなんだろう?
作品からは、とてもそのように見えませんが…。


『桃太郎図ノ九百壱拾伍 ごめんなさい。』
鬼らしくなく、なんと謙虚で礼儀正しく憎めぬことよ。


『桃太郎図ノ九百参拾 さがしものは何ですか?』
…って言うか、なんで君はそんな画面のすみっこに居るの?


続いて西画廊へ…

~光りのいろ~ 江里 朋子 截金(きりかね)作品展
■11月3日(水・祝) →9日(火)
■6階美術西画廊
■最終日は午後4時閉場

江里朋子(えりともこ)先生は、重要無形文化財「截金」保持者・江里佐代子先生の長女としてお生まれになりました。
希少で繊細な截金技法と創作への想いを、母・佐代子先生から受け継がれ、日本伝統工芸展や個展・グループ展へ作品を発表されています。
今展では、様々な光をテーマに、独自の感性で繊細に表現された飾筥や香合や、壁面装飾の額装作品など、雅で華やかな截金の世界を追求した新作を展観いたしております。


『截金 額装 月洸』 厚さ約2mmの檜を網代編みした上から、彩色と截金技法により作りあげられた一品。
額は85cm四方もある大作です。



『截金 額装 放煌』 こちらも『月洸』と同じ技法によって制作された作品です。額の長辺が約105cmの大作です。



『截金 額装 黎明』と『截金 香合 蛤』 いずれもお床に。その色合いと截金の繊細さ、じっくりご堪能を。


『截金透塗
  硯箱 玉梓 伍』 整然とした筆や墨と、凛とした趣ある箱に、思わず息を止め、そっとシャッターを切り(押し?)ました。


『截金 飾筥 蒼光』 木地と彩色と截金のコントラストが美しい一品です。


展示台のみならず、壁面にも、緊張感ある色とりどりの輝かしき作品たちが、皆さまをお待ちいたしております。


『截金 飾筥』 落ち着いた渋い色調ですが、なかなか量感や存在感が感じられる飾筥です。


香合や小箱といった小さな逸品たちも併せて展観いたしております。


また、画廊前の工芸サロンでは、
ーLa Pensée- 上野敬子(うえのけいこ)・小川宣之(おがわのぶゆき) 陶展
■11月3日(水・祝) → 9日(火)
■最終日は午後4時閉場

…を開催いたしております。
個性的な作品がずらりと。
ちなみに、会場写真の右奥にいらっしゃるのが上野先生です。


いかがでしたか?
今週も多くの独創的な作品共々、皆さまのご来廊をお待ち申しあげております。

以上、ほっこりはん89が案内いたしました。

 ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋 京都店
6階 美術画廊・工芸サロン・茶道具売場
電話 075-221-8811(代表)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋美術部 ブログ&スケジュールはこちらから!
http://www.takashimaya.co.jp/art/index.html
タカシマヤ オンラインストア 美術コレクションはこちらから
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/sportshobby/0800001050/

ページトップへ