TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

高島屋創業190周年 悉皆 風の時代の継承者たち

2021.11.24
皆さまこんにちは。4月うさぎです。
今週の画廊催は、創業190周年を迎える高島屋で、美術部が総力をあげて取り組んだ企画展です。「時代や表現方法を超えて、美が姿を変えながら継承されていく様」をご覧ください。

***************************
高島屋創業190周年 悉皆 風の時代の継承者たち
***************************
■11月24日(水) → 30日(火)
■6階美術画廊 ※最終日は午後4時閉場

高島屋のアーカイヴスである高島屋史料館収蔵作品やトピックスを題材として、私たちと時代を共有する現代アーティストの方々に制作をお願いした新作を一堂に発表いたします。「悉皆(しっかい)」とは「ことごとく」という意味で、呉服では染織に関わる「全て」を請け負い、優れた職出し先を仲介すること。なぞらえてこの催のタイトルとしました。

[出品作家]
青野 文昭 浅井 康宏 淺井 裕介 池田 晃将 池田 学
石黒賢一郎 今泉今右衛門 小野川直樹 笹井 史恵 重野 克明
諏訪 敦 田中 信行 田辺竹雲斎 束 芋 中村 弘峰
袴田京太朗 橋本 雅也 舟越 桂 前原 冬樹 増田 敏也
町田 久美 三沢 厚彦 ミヤケマイ 森村 泰昌 ヤノベケンジ
山口 英紀 山村 慎哉 山本 大貴 和田 的 (敬称略・五十音順)

それでは、制作のインスピレーション(お題)にしていただいた、高島屋史料館の収蔵作品別に何点かご紹介しましょう。

★★★★★ お題:《ローズちゃん》 ★★★★★


■中村 弘峰(なかむら ひろみね)
「誰が袖好みローズちゃん」

高島屋のコーポレートマスコット「ローズちゃん」。当画廊で先日個展をされたばかりの中村先生(その時の画廊ブログはこちら)が、艶やかな振袖姿で制作してくださいました。


   
■ヤノベ ケンジ
「Rose (眠れるミューズ) Rose-The Sleeping Muse」
 ヤノベ先生は、ローズちゃんの面差しからブランクーシ作「眠れるミューズ」との融合をイメージされたそうです。丸窓を覗き込むと、中ですやすやと気もちよさそうに眠るローズちゃんが。未来へと運ばれる夢のタイムカプセルです。
※画像下・左は前面部分拡大。右は背面


■町田 久美(まちだ くみ)「クロニクル」
クロニクルの意味は「年代記」。高島屋で代々脈々と受け継がれていく文化へ、町田先生からいただいたオマージュです。ぷっくりしたローズちゃんの耳から口へと、記録媒体のようなテープが流れていきます。


★★★★★ お題:竹内栖鳳《アレ夕立に》 ★★★★★


■森村 泰昌(もりむら やすまさ)
「真似美絵《栖鳳先生のために》」

 森村先生と言えば、名画の通りに扮装されるセルフポートレイトがお馴染みです。今回は高島屋史料館収蔵の名画になりきりました。着物と帯は無地で新しく誂え、そこへ栖鳳先生の画像データを使って柄を合成処理されたとのこと。伝統と現代のテクノロジーの融合です。


★★★★★ お題:前田青邨《みやまの四季》 ★★★★★



■今泉 今右衛門(いまいずみ いまえもん)
「色絵雪花墨色墨はじきみやま四季花文花瓶」

 


■小野川 直樹(おのがわ なおき)「Lullaby」
 


■山村 慎哉(やまむら しんや)「種型十六凹面変小箱」

前田青邨先生の「みやまの四季」は、四季の花々・紅葉・小鳥たちが、琳派ふうにこんもりかつびっしりと重なり合い、生命力にあふれた晴れやかな日本画です。これをモチーフに制作された三人の先生がたの新作も、近寄って見れば見るほど驚くばかりに細やかで、ため息が出そうな美しさです。


なお「高島屋の美術」ホームページでは、この催の詳細な作品情報や、先生がたへのインタビュー動画をアップしています(各店への巡回展が終わる2022年1月末まで公開予定)。元となった高島屋史料館収蔵作品の画像もご紹介しています。こちら↓のリンクからどうぞ。
https://www.takashimaya.co.jp/store/special/shikkai/index.html

また上記「みやまの四季」をはじめ、何点かの収蔵作品は現在会場に合わせて展示中です。普段大阪の高島屋史料館へは少し行きづらい方も、本物を見られる貴重な機会ですから、ぜひ当画廊へお運びくださいませ。



最後に、今週の「工芸サロン」はこちら。京焼の伝統的な染付・色絵を中心に、三島や刷毛目などの茶道具やうつわを出品されています。端正で優美な色と形をお楽しみください。
***************************
祥雲窯 村瀬 愛華(むらせ あいか) 作陶展
******************** *******
■11月24日(水) → 30日(火)    ※最終日は午後4時閉場





いかがでしたか。どちらの催にも紹介しきれなかった作品が多々ございます。興味ある作品がございましたら、どうぞお気軽に「京都タカシマヤ6階美術画廊」へお問い合わせくださいませ。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋 京都店
6階 美術画廊・工芸サロン・茶道具売場
電話 075-221-8811(代表)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
高島屋美術部 ブログ&スケジュールはこちらから!
http://www.takashimaya.co.jp/art/index.html
タカシマヤ オンラインストア 美術コレクションはこちらから♪
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/sportshobby/0800001050/
ページトップへ