TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

【真味会 菓子暦】 のご紹介

2009.06.08
こんにちは━(´∀`)ノ  
京・和菓子ブログ担当の餡子です。

昨日、通勤時に紫陽花をみかけました。
きれいなピンクや紫色に咲いていて改めて6月だなーと
思いました('∇')

きれいな紫陽花、実はタカシマヤでも咲いています!
画像


画像
真味会 菓子暦 展示スペース


この紫陽花、工芸菓子ですべてお菓子から
できているんです!Σ ゚Д゚≡( /)/
画像

※工芸菓子・・・砂糖、餅粉、米粉など、食べられる素材を使って作る細工菓子のことです

菓子暦は京都の歳時記を表現した和菓子の特別展示を
行っているスペースです。
半月または一ヶ月のサイクルで展示が行われています。

名前にもあるとおり「真味会」(しんみかい) という
会で展示を行っています。

「真味会」とは京都タカシマヤにしかない会で、昭和42年に
明治100年目を節目に創設された会です。
京都タカシマヤの和菓子売場を発展させるという趣旨の元に
結成されました。
現在は19社の老舗が会に参加しており、タカシマヤと協同し
様々な企画を行っています。



真味会 50音順 ( )は代表銘菓です

大原女家(かま風呂) 亀屋清永(清浄歓喜団) 亀屋陸奥(松風)
亀屋良永(御池煎餅) 亀屋良長(鳥羽玉) 笹屋伊織(どら焼)
三條若狭屋(ちご餅) 塩芳軒(千代タンス) 末富(うすべに)
千本玉壽軒(西陣風味) 総本家河道屋(蕎麦ほうる)
総本家駿河屋(羊羹) 大黒屋鎌餅本舗(鎌餅)
長久堂(きぬた) 鶴屋吉信(京観世) 二條若狭屋(やき栗)
本家尾張屋(そば餅) 本家玉壽軒(紫野) 吉水園(京おんな)
ページトップへ