TAKASHIMAYA BLOG京都タカシマヤ

◇2017タカシマヤ 七五三お祝い着フェア開催中!!◇

2017.09.14
こんにちは。みやこです!
日ごとに朝夕の風が涼しくなり、いよいよ秋の気配がしてきましたね。

今回は、「2017タカシマヤ 七五三お祝い着フェア」のご紹介です。

ところで、皆さま七五三の由来はご存知でしょうか?
もちろん知っているよ!という方も大勢いらっしゃると思いますが、初めて聞く!という方のために、簡単にご説明いたします。

まず、三歳の女児・男児が迎えるのが”髪置きの儀”と呼ばれる儀式です。
この儀式から、男の子は髪を結うために伸ばし始めます。
そして、女の子は髪をきちんと伸ばしていくために整えます。
女の子の場合、この儀式に際して晴れ着を着用しますが、帯は締めず、袖なし衿付きの被布コートを羽織るのが主流です。



*写真掲載商品
被布セット 税込151,200円

次に、五歳男児が迎えるのが”袴着の儀”です。
初めて袴を身に着けてお祝いします。
きものと羽織、袴に白い扇子、懐剣を付けます。
刀を持つことは、男として社会の一員になるという象徴です。



*写真掲載商品
男児羽織・きもの 税込129,600円
雪駄 税込3,024円


そして、七歳女児が迎えるのが”帯解きの儀”です。
腰紐で着付けを行い、このような着付けができるぐらい大人に成長し、帯を結べるぐらい体も大きくなったことを祝います。
大人の女性への第一歩を祝う儀式です。



*写真掲載商品
四つ身きもの 税込183,600円
草履 税込21,600円
※帯、帯締め、帯揚げの他、小物は参考商品です。



*写真掲載商品
帯 税込149,040円
帯揚げ 税込19,440円


こちらの帯は、袋帯を裁断せずに結んであるお品ですので、七五三が終わられた後の十三参りでもお使いいただけます!
とっても華やかで、さらに使い勝手のよいお品です。


これらの他にも、髙島屋では華やかで格調高い逸品を多彩に取り揃えています。
ぜひ、お子様の笑顔にぴったりのおきものをお見立てにお越しくださいませ。


◇2017タカシマヤ 七五三お祝い着フェア◇
開催中→11月21日(火)

お問い合わせは
5階 呉服売場 075-252-7150(売場直通)



ページトップへ